高齢者向けの料理で気をつけている事

高齢者向けの料理で気をつけている事

どうしても高齢になってくると食事に気をつける必要が出てきます。それはどうしてかというと、高齢になってくると若い頃とは違って運動不足になり、食事の量はそのままでも運動をしないとそれが余計なカロリーとして体に蓄積されていくからです。

ですから、若い頃から肉料理屋炭水化物の多い料理をたくさん食べてきた私はかなり高齢になってきた今はそういう料理はあまり食べないようにしています。

そのおかげで以前はかなりメタボ体型だったぼですが、今はメタボ体型もかなり改善された上に高かった血圧も上下共に10以上下がりました。

しかも、これは単に食事の内容を改めただけでこれだけの効果が出ているので本当に高齢者には脂肪の多い食事や炭水化物を食べる量を減らすだけで高齢者の健康は高い確率で防げるようになると思います。

また、血圧を上げないために特に注意している事というと

減塩の食事を心がけるのが一番です。

確かにそうするとそれまで塩分が多い食事をしてきた人だと不満を感じるかもしれないです。ですが、それで血圧の上昇が防げるなた絶対にやるべきです。

そうしないと、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気になりやすくなるので注意が必要です。少なくともそれで劇的に血圧が下がって上記のような病気になるリスクが下がるのは確かです。

 

≪ヨシケイ離乳食・高齢者レシピ庵へ戻る

 

関連記事

  1. 肥満の高齢者によい食事
  2. 減塩でもおいしい工夫
  3. 父が脳梗塞になって初めて覚えた食事療法
  4. 父親が脳出血で倒れて、減塩料理を始めました
  5. 料理は苦手だけど母の健康の為には頑張ります
  6. 脳出血で倒れた母の減塩対策
  7. 脳梗塞後の減塩食の工夫
  8. 要介護で糖尿と高血圧があった父の食事管理
  9. 元肉食系男子に向けたお肉料理