料理は苦手だけど母の健康の為には頑張ります

料理は苦手だけど母の健康の為には頑張ります

半年ほど前に別件で病院に行った母から、糖尿病の恐れありと診断されたと伝えられました。

食べる事が大好きで、大好物はチョコレート。

それでいて運動は大嫌いというのですから、なるべくしてなったとも言えるのですが。

若い頃から高脂血症・高血圧・肥満を指摘されていて、高血圧の薬も服用していましたが、自分で食生活の改善をする気はないようです。

とっくに還暦も過ぎているのに食欲旺盛なのは喜ばしい事ではありますが、重篤な合併症が出てから後悔しても仕方がないので、私もあまり料理は得意な方ではありませんが、ちょっとは母の食事管理をしてみようと思うようになりました。

そこでネットを使ってレシピ検索をしてみたのですが、出てくるのは減塩を通り越して素材だけの味のようなもの、消化が良いだけの流動食のようなものと、見るからに美味しくなさそうなものが多くて驚きました。

確かに体には良いかも知れませんが、数値的には問題ありでも、元気で食欲旺盛な母には受け入れられないメニューです。

幸いにも消化器系も顎も丈夫ですから、消化の良さは考えずに、食べ応えがあってローカロリーで高栄養素、更に低GI値の物を取り入れる事に決めました。

塩分を減らした代わりに出汁を強めに効かせた野菜や豆や海藻を使った料理を毎食小鉢に用意して、食事の一番最初に食べてもらうようになりました。主菜は高タンパクでローカロリーを意識して用意しています。

少し自分でも健康を意識するようになったのか、おやつの量も若干減ってきました。

もうじき再検査の予約日が来ますが、無事に数値が下がっていると良いのですけれど。

 

≪ヨシケイ離乳食・高齢者レシピ庵へ戻る

 

関連記事

  1. 肥満の高齢者によい食事
  2. 減塩でもおいしい工夫
  3. 父が脳梗塞になって初めて覚えた食事療法
  4. 父親が脳出血で倒れて、減塩料理を始めました
  5. 脳出血で倒れた母の減塩対策
  6. 脳梗塞後の減塩食の工夫
  7. 要介護で糖尿と高血圧があった父の食事管理
  8. 高齢者向けの料理で気をつけている事
  9. 元肉食系男子に向けたお肉料理