基本は大人と同じもの、細かくつぶす工夫

基本は大人と同じもの、細かくつぶす工夫

離乳食作りの時は別に作ることはせず基本的には大人と同じ料理にしていました。

途中まで一緒に作って取り出してつぶして出す、味のついたものは取り出して薄めて煮直すなどです。

一番よく食べた主食はうどんでした。

スーパーで売っているゆでうどんで安いものです。

それを柔らかく煮て、自分のごはんと子どものごはんでした。

うどんだしは離乳食用というのも売っていますが、普通のだしをお湯で薄めればいいだけのことなのです。

これをおわんに入れて短く切ってあげると子ども本人も食べやすく人気でした。

あとはお味噌汁を薄くしてごはんを入れて卵でとじた雑炊もよく作りました。これは大人が食べても美味しいしダイエットにもいいので一石三鳥でした。

栄養対策としてしらすぼしを入れたりもおすすめです。

納豆は栄養があるので、ひきわり納豆なら大丈夫かと思っておそるおそる食べさせたところ美味しかったようでぱくぱくと食いつきが良かったのでちょっと意外でした。

野菜類は柔らかく煮てつぶして食べさせました。

何でもペースト状にしたのは最初だけで徐々につぶを残して食感を楽しむように工夫しました。

それでも、母乳はまだ飲みたがっていたので、離乳食+母乳で育てました。

フォローアップミルクなどは一切飲ませていません。

離乳食で栄養はとれるようにしました。

母乳は水がわりという感じで、栄養があったかどうかは定かではありません。

 

≪ヨシケイ離乳食・高齢者レシピ庵へ戻る

 

関連記事

  1. グータラ母ちゃんの頑張らない離乳食
  2. 土日に1週間分の離乳食を作るテクニック
  3. 「おかゆ」から「おじや」へと変えていく離乳食
  4. かなりビビりながら・・・離乳食を進めました
  5. アレルギーになりにくい野菜とお粥の離乳食
  6. 離乳食も3回になると面倒なので1回分はおさぼりメニューを!
  7. 難しくない面倒でない離乳食の秘訣
  8. 仕事をしているので短時間で済む離乳食を
  9. 離乳食で気をつけること