土日に1週間分の離乳食を作るテクニック

土日に1週間分の離乳食を作るテクニック

赤ちゃんの食事は離乳食からスタートしますが、この離乳食作りを面倒だと思ってしまうと毎回が苦痛になってしまいます。

私はそういう心境になってしまうのがイヤだったので、主人の会社がお休みの土日に一緒にスーパーに行って離乳食の食材を1週間分買って、土日に離乳食を1週間分作ってしまいます。

それを毎食分の分量に分けてラップでくるんで冷凍庫に入れて保存していました。

1回に食べる量は赤ちゃんなのでとっても少ないです。その都度ごく少量の離乳食を作るのは大変面倒なので、まとめて作るようにしていました。

基本はおかゆを炊飯器で1週間分炊くことでした。お鍋でコトコトするのは手間がかかるし固さに自信がなかったので、お米と水の分量さえ守れば炊飯器がおいしくおかゆを作ってくれるので大変重宝しました。

野菜はいろんな種類をお鍋でコトコト柔らかくなるまで煮込みました。味付けはごく薄味で、ダシの味という感じでした。

お魚は切り身を3切れお鍋で煮込みました。こちらもダシの味がほんのりする程度にしました。

こうやって食材を事前に下ごしらえしておくと、毎回の離乳食作りの手間と時間が大幅に軽減されて作るのが楽しくなります。

お肉はひき肉を使っていました。冷凍にせず、お湯にひき肉を入れて湯通ししていました。すぐに火が通るので時間がかからないからです。

 

≪ヨシケイ離乳食・高齢者レシピ庵へ戻る

 

関連記事

  1. グータラ母ちゃんの頑張らない離乳食
  2. 「おかゆ」から「おじや」へと変えていく離乳食
  3. かなりビビりながら・・・離乳食を進めました
  4. 基本は大人と同じもの、細かくつぶす工夫
  5. アレルギーになりにくい野菜とお粥の離乳食
  6. 離乳食も3回になると面倒なので1回分はおさぼりメニューを!
  7. 難しくない面倒でない離乳食の秘訣
  8. 仕事をしているので短時間で済む離乳食を
  9. 離乳食で気をつけること