元肉食系男子に向けたお肉料理

元肉食系男子に向けたお肉料理

私の父親は、いかにも高度経済成長期にバブリーな料理ばかり食べていたスポーツ選手並みの肉食男子でした。が、さすがに60才を過ぎて、高脂血症や高コレステロールなど、健康診断でひっかかることが出てきたり、代謝が落ちてきたせいもあって、ブクブクと太り出してしまい…。料理担当の私が元肉食男子に向けた低脂肪の料理に気を使わざるを得なくなってしまいました。

よく高齢者向けの食事療法のレシピ本に載っているような、鶏胸肉や白身魚のお料理が絶対満足しないだろうなぁと思い、ちょっと贅沢ですが、高級なものを少量出すようにして、脂肪分の総量が少なくなるように心がけました。

さらに一番心がけたのは、脂の量もそうですが、質の良い脂はあまり気にせず摂取してもらい、逆にトランス脂肪酸を含むような悪質な脂を極力配慮うするということです。幸いにも、歯が丈夫で咀嚼は問題なく出来ていたので、少量の牛肉の赤身に、オリーブオイルとガーリックのソースでガッツリ感を出す。少量の蟹に、おいしい柚子で蟹酢を作って、豪華な感じを出す。鶏もも肉を、直火で焼いてしっかり脂を落とし、たくさんの野菜を添える。あとは、女子のようにワンプレートで細かいヘルシーなおかずをお皿に置いてあげると、華やかに見えて楽しく食事ができているようです。(年を取ると、お皿がいっぱい出てきていちいち持ち上げるのも疲れるのだそうです)

 

≪ヨシケイ離乳食・高齢者レシピ庵へ戻る

 

関連記事

  1. 肥満の高齢者によい食事
  2. 減塩でもおいしい工夫
  3. 父が脳梗塞になって初めて覚えた食事療法
  4. 父親が脳出血で倒れて、減塩料理を始めました
  5. 料理は苦手だけど母の健康の為には頑張ります
  6. 脳出血で倒れた母の減塩対策
  7. 脳梗塞後の減塩食の工夫
  8. 要介護で糖尿と高血圧があった父の食事管理
  9. 高齢者向けの料理で気をつけている事