かなりビビりながら・・・離乳食を進めました

かなりビビりながら・・・離乳食を進めました

私も夫もどちらかというとアレルギー体質で。

私の場合、以前、卵アレルギーで。(今は治っています)

夫は、花粉症だったり他にもいろいろあったりするので、

離乳食を始める時、ものすごくドキドキしました。

さすがにお米は大丈夫だろう、と思ったので、おかゆをあげることには全然抵抗がなかったんですけど、

小麦とか。一般的にアレルギーが起こりやすいであろう食材を使う時は、

食べた数時間後に身体にブツブツができてないかチェックしたりして・・・。

なぜそこまで神経質になるか、というと、うちの夫、

赤ちゃんの時や子どもの頃に、

2度ほど急に喉が腫れて呼吸できなくなったことがあるらしいんですね。

チアノーゼ起こした、らしいんです。

その当時のお医者さんいわく、「喉のせい」って話だったみたいなんですけど、そうじゃなくて。

夫、食物アレルギーを持っているんじゃないの?なんて風に私は疑いを持ってて。

離乳食→呼吸困難ってなったらどうしよう!?と思って、かなりビビッていたわけです。

まぁ、杞憂に終わりましたけど。(今のところアレルギーはなさそうです。)

ちなみに、基本といえば基本なのですが、

新しい食材を食べさせる時は、午前中がおすすめです。

なにかあったらすぐに病院に連れて行くことができますからね。

楽しい気持ちで進めたい「離乳食」、ですが、ビビリの私にはなかなか難しかったようです。

今後は息子に「おいしい」って言ってもらえるように・・・いろいろと料理、頑張ります。

 

≪ヨシケイ離乳食・高齢者レシピ庵へ戻る

 

関連記事

  1. グータラ母ちゃんの頑張らない離乳食
  2. 土日に1週間分の離乳食を作るテクニック
  3. 「おかゆ」から「おじや」へと変えていく離乳食
  4. 基本は大人と同じもの、細かくつぶす工夫
  5. アレルギーになりにくい野菜とお粥の離乳食
  6. 離乳食も3回になると面倒なので1回分はおさぼりメニューを!
  7. 難しくない面倒でない離乳食の秘訣
  8. 仕事をしているので短時間で済む離乳食を
  9. 離乳食で気をつけること